読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御朱印たび

神社・寺院の参拝日記どこでも御朱印帳は持っていきます(笑 

関東三十六不動 22・23・24番 浅草をぐるっと一周

東京の札所は比較的距離が近いので一気に回れます

今回は浅草の3札所、浅草寺の外側をぐるっと回っていく感じで行きました

時間があれば1日滞在して浅草寺や神社を入れるルートで行ってもいいなぁと思いました

 

浅草移動は台東区循環バス「めぐりん」が便利!

移動は台東区循環バス「めぐりん」がとても便利です

f:id:ms825ft:20170425001925j:plain

 

浅草を中心に4路線が大体15分間隔で走っています

乗車一回100円、並走する都バスの半額程度な上に一日乗車券が300円で購入できます

f:id:ms825ft:20170425003000j:plain

バス停はこんな感じ

f:id:ms825ft:20170425003108j:plain

 

 

しいて言うなら路線が一方通行の組み合わせだったり、乗り継ぎのシステムがわかりにくかったりするかもしれません

また休日の浅草駅方向に向かう路線はとんでもなく混むこともありますので注意です

運転手さんが「これ(バスの重量)動くんかな・・」とかつぶやいていました(笑

事前にホームページなどでよく調べておくのがおすすめです

(路線図のパンフレットはPDFでダウンロードできますが巨大すぎて印刷には不向き、バスの中でも配布されていますのでそちらでいただくのがよさそう)

 

 

22番札所 阿遮山 円満寺 不動院

不動院真言宗智山派のお寺で御由緒から「子守り不動」と呼ばれる浅草寿の不動尊です

銀座線田原町駅から徒歩、循環バスめぐりんの場合は南めぐりん15番「田原町駅」停留所が最寄りです

f:id:ms825ft:20170425002934j:plain

 

正面2階建ての本堂の1Fが納経所、お不動様のお参りにきましたと伝えたところ2Fのご本尊へどうぞと案内いただきました

ビルっぽい本堂でしたが間近でみるご本尊はとても歴史を漂わす立派なものでした

またご住職がとても話しやすい方でお茶をいただきながらしばし休憩させていただきました

ここで人生初の写経納経をするか・・!と一瞬考えたのですがコピー用紙と半紙に書いたものを持っていただけだったのでちょっと気おくれ(;・ω・)

でもあのご住職なら作法とか手順とか聞けば丁寧に教えてくれそうだったなぁ

 

御朱印

関東三十六不動の御朱印(400円)をいただきました

御府内八十八カ所霊場の72番でもあるのでそちらの御朱印もあるみたいです

 

f:id:ms825ft:20170425004054j:plain f:id:ms825ft:20170425004104j:plain

 

かっぱ橋商店街をバスで走り抜ける

田原町停留所から南めぐりんで東本願寺裏・合羽橋商店街を抜けて20番で下車、そのまま同じバス停で今度は北めぐりん27番乗車、30番台東病院で下車します

ちなみに乗り継ぎの時は乗車時に乗り継ぐ旨運転手さんに伝えて乗り継ぎ券をもらう必要があるみたいです

よくわからなかったので毎回払いましたorz

 

次は飛不動ですが、台東病院停留所からすぐ吉原神社と鷲神社があるので今回は鷲神社に立ち寄りました(詳細はまた別記事にて)

 

24番札所 龍光山 三高寺 正寶院(飛不動尊

 飛不動尊 正宝院は修験系天台宗の単立寺院(ホームページより)です

北めぐりん30番台東病院停留所、またはぐるーりめぐりん5番一葉記念館停留所から徒歩5分ほど

「飛」という字から飛行機守護の航空安全、さらに「落ちない」から受験合格、さらには「飛ばす」ためのゴルフ護まで広い範囲のご利益です

境内はたくさんの参拝客でにぎわっていました

f:id:ms825ft:20170425223308j:plain

f:id:ms825ft:20170425223347j:plain

ご本尊・飛不動明王は酉年開帳の秘仏ですが本堂前からは少し見えにくかったです

直立不動の金色の像のようでした(お寺のホームページでも内陣の様子が紹介されています)

お寺のホームページでは参拝の方法について神社と同じで手を打つ、葬儀の時はどちらも打たないと書かれているのが興味深いです

寺院系のお稲荷さんで手を打つと怒られることもありますし(。•́ω•̀。)

 

あと札所番号の入った石標じゃない木標?が他のところにはない味のあるものでした

f:id:ms825ft:20170425224758j:plain

 

御朱印

本堂右手の納経所・授与所で関東三十六不動のもの(400円)をいただきました

他に下谷七福神(恵比寿さま)のものもあるようです

f:id:ms825ft:20170425224507j:plain f:id:ms825ft:20170425224533j:plain

 

 

ぐるーりめぐりんの罠(違

飛不動をでてぐるーりめぐりん5番の一葉記念館停留所へ

時計を見ると出たばかりで次が15分後、徒歩で直接橋場不動尊まで行くと徒歩20分との案内が・・・

 

これは歩くかヾ(o・ω・)ノ

 

・・と横断歩道を渡って振り返ったら、遅れてきていたらしいバスが後方に見えた

慌ててUターン

バスに乗ったはいいものの、ぐるーりめぐりんの5番竜泉ー12番橋場二丁目アパート前は15分近くかかった気がするw

結構大回りで走っていたかもしれません

元気で時間があるならこの界隈は歩くのも一つの手段かもしれません

何せバスも人込みの通りを抜けるものだから思ったよりスピードでないんですよ・・・

 

23番札所 砂尾山 橋場寺 不動院

橋場不動院天台宗の寺院です

ちょうどお彼岸ということで外に茶席が設けられお参りの人を迎えられていました

f:id:ms825ft:20170425230504j:plain

f:id:ms825ft:20170425230534j:plain

ご本尊は1本の霊木から三体のお姿に刻まれたという大聖不動明王

「良弁僧都が大山寺にいた時、不動明王の霊託を受けて彫られた御作で、1体は大山寺にとどめられている・・・」

と、こちらの縁起ではなっているのですが目黄不動尊のほうでは

良弁僧都が隅田川のほとりの大樹の陰で休んでいると夢に不動明王が現れ・・・相模の国の大山不動はこのうちの1体であり・・・」

となっています

隅田川のほとりって、ここ橋場じゃないのかな(・ω・?

そもそも大山寺の縁起では一木三体不動の話は全くでてこなくて、開山は良弁僧都ではあるもののご本尊・鉄造不動明王像は鎌倉時代に作られたとなっていたりします

 

御朱印

そんな謎にひかれつつ、納経所で御朱印をいただきました

関東三十六不動のもの(400円)、浅草名所七福神布袋尊)のものもあります

浅草は七福神おおいなー!

f:id:ms825ft:20170425232431j:plain f:id:ms825ft:20170425232443j:plain

 

そして浅草駅前方面へ・・・

このあと隅田川に沿って、浅草駅前までバスの旅

この辺りは今戸神社待乳山聖天などもあって寄りたい気もしたのですが、観光客が多すぎてとてもバスから降りられない状況でした

休日は浅草やばいですね!

次は都営浅草線に乗って21番薬研堀不動院を目指しますヾ(o・ω・)ノ